2007年08月11日

アジアカップ まとめて

アジアカップの感想をまとめてこの記事に載せたいと思います。

<カタール戦>
広島勢が出場しなかったので、居眠りしながらまったり見てました。
サッカルーズも引き分けたぐらいだから勝てても1−0だと思っていましたが…(別に全く怒ってはいない。)。
サッカーはボール支配率やどれだけダイレクトパスが繋がったかを競うスポーツではないのだが、14さんの拒点をイビツァにダメだしされて、選手にはシュートを打つのを禁止されてるような広島の悪いくせと同じものが出てますね。
ゴールは素晴らしかった。阿部ちゃんは体をぶつけなくてもヨシカツは取れていたから不用意すぎるファールだが、引き分けたのは阿部ちゃんだけのせいではなく拒点のせい。
それでも厨は阿部ちゃんやをスケープゴーストにするのだろうな。

しかし、この日は寿人なら決めていたのが何度もあったぞ。

それにしても、現地5時キックオフで大空席、無茶苦茶暑そうなピッチ、そして大空席に大音響で響き渡るカタールサポの拡声器による謎のカラオケ。日本サポも日本からの距離の遠さに観光気分になってしまう…。

これぞアジア!
いつの日か、広島で味わってみたいねぇ。

<UAE戦>
駒野が復帰。失点のカウンターは13番が凄かったが10人相手にやられてはいけない。
得点は本当に素晴らしかった。特に2点目。
遅攻から加地さんが”急”で速くて素晴らしいアーリークロスが入った時点で勝負あり。
加地さんはああ言う仕事ができるから右はしばらくは固定かな。
後は、左サイドか…。
コマはよくやったけど、駒野以上の左サイドが出て来て、右サイドで駒野と加地さんが争うぐらいになれば、日本はもっと強くなるじゃないかな。

<ベトナム戦>
この予選リーグは昔のJ2を見てるようだった。
駒野は3点目に絡みましたなぁ。
巻と俊輔はGJですな。
ヤットがこの大会で存在感を出してますね。
アテネ世代も、レギュラーの啓太、コマ、阿部ちゃん、憲剛、サブの今野、寿人と頑張ってますな。ええことよ。

<サッカルーズ戦>
高原のゴール前の落ち着きは素晴らしかった。
駒野はPK外さなくて良かった…。
勝ちましたが、PK抜きなら引き分けなので借りは返していないぞ。
しかし、岡山市西大寺町のウルトラスの盛り上がりは凄かった…。

<サウジアラビア戦>
1−1になったCKはコマが勝負をして取ったもの。
だから、コマにはもっと勝負をしてほしかった。
プレッシャーがあるなかでいかに良いクロスを上げるかが勝負だな。
アレコマコンビをまた見たい気がする。
言っておくけど、負けたのは阿部ちゃんだけのせいじゃ無いよ。

<韓国戦>
ピム監督とミョンボコーチが退場となった試合。
寿人はヒーローになりそこねましたね。
後半終了間際のシュートと延長戦のコマ→ヒサは決めてほしかった。
PKになってしまった時点で、もうどうでもいいや。と思いましたが、アジアカップ予選免除を取れなかったのはサンフの日程を直撃するな…。
羽生は今大会は運が無さ過ぎたなあ…。PKも羽生が外して終わるのだろうなと言う予感が当たったし。
しかし、君のよさはJサポが知っている。まずは次からはジェフの残留に貢献することよ。

日本は、素早いパスワーク、勝負するマインド、個の力、1対1に勝てる能力を持つ選手が必要なのかもしれない。
それは陽介の世代なのかもしれない(な〜んてね)。
最後に、イラクの初優勝おめでとうございます。
posted by サンフレたくや&岡山蹴球応援家 at 09:53| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | NATIONAL TEAM(FOOTBALL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。