2007年07月03日

U-20 WORLDCUP JAPAN vs SCOTLAND

サッカーの試合を見て久々に清々しい気分になりました。
この試合はJ(のユース)と高校サッカー(と大学サッカー)の勝利ですよ。

しかし、アホの子やこいつら(笑)。
ビリーなんたらは興味がないのでどうでもいいが、ピチブーの弓矢パフォーマンスを二回やったのはGJ!
特に一点目のパフォーマンスの最後にまたピンで弓を引いてくれたデカモリシは超GJ!
好感度がかなり上がりましたよ(笑)。

得点はデカモリシのはスコットランドの与点ですが、よくぞGKのキックを体で弾いたものだ。
そして、スコットランドDFのミスを誘ったのはマッキー(槙野)のフィードでしたね。
適当に前に蹴りこんだわけではないはずですよ。
二点目は、イマイチ感のあった梅崎がいい仕事をしましたね。素晴らしいシュート。
三点目は与点ですが、ミドルを打った青山を褒めましょう。

陽介はいいプレーも悪いプレーもありましたね。
よく走り、二列目から飛び出すのは相変わらず素晴らしいし、後半はデカモリシへのいいスルーパスもあった。
シュートを打つことを第一に考えてほしいものです。
(しかし、代表サポのコールは「陽介」なのね。なかなかやるな。)

今回のU-20日本代表は双子や寿人、俊介の時と良い意味で性格が違いますね。
大舞台に萎縮せずサッカーを楽しんで勝ち、ビリーなんたらとピチブーのパフォーマンスを披露しようとするお笑い気質を持つ若い彼等。
恐いもの知らずのイケイケでやってほしいですね。
逆境に立たされた時には脆そうなのですがね。
コーチのポイチさんが映ったのも嬉しいし、吉田さんもうるさいだけの前任者と違って好感が持てます。

スタンドのファンの反応もサッカーをよく分かっている反応。
いいプレーやシュートにはすぐに拍手が怒り、おかしな判定には容赦なくブーイング。
着席観戦サポに大いに参考にしていただきたい観戦姿勢でした。
(青嶋さんによるとは試合会場の地はスコットランド系の移民の子孫が多いらしいですね。道理で。それでも中立な人ばかりでしたね。ちゃんとしたアウェーになりそうなカナダとやってみたいなあ。)
2−0になってから(スコットランドと)試合のグダクダぶりに対してウェーブをしてしまったのには苦笑しましたが。

そして、フジさんの中継姿勢が素晴らしい。
コテコテしたキャッチコピー(あっさりとした「Dear BLUE」があるのみ)とかの余計なものや力が入り過ぎなガンバレニッポンモードもなく、試合そのものや選手のプレーだけを見せる中継なので(青嶋氏は相変わらずですが、それでもカクザワ氏よりはるかにまし)、結果を知っていても純粋に試合を楽しめる。
おまけに、日本戦以外のダイジェストも試合後に流すとは…。
サッカーはやはりフジさんですね(地上波は深夜枠中継だからできるのでしょうが)。
森重くんの出身チーム、高校、所属クラブもきちんと紹介してくれたのは嬉しかったです。

結果以外でも楽しめるこの大会は毎試合予約して見ないといけませんね。
posted by サンフレたくや&岡山蹴球応援家 at 23:34| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | NATIONAL TEAM(FOOTBALL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46576808

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。