2006年04月06日

いきなり!?倉敷ダービー(カープ対タイガース)

倉敷マスカットスタジアムでは毎年、広島阪神戦が行われるのですが、私は倉敷でのこの対戦を広島と甲子園(兵庫)の間の倉敷を取り合うと言うことで「倉敷ダービー」と勝手に呼んでいます。

このダービーはカープがホームゲームなのですが、岡山の人は関西を向いている&星野さんが倉敷出身と言うことがあって阪神ファンの人が多く、いつもAWAY状態になっています。
それはライトスタンドのセンター寄りにも阪神ファンが侵食していることからも伺えます。
星野さんの前からもライトに阪神ファンがいる状態で、広島:阪神ファンの比率=4:6だったのが、星野以降は完全に3:7以上になってしまいました・・・。
そんな今年の倉敷ダービーは、いきなりカープの最初のホームゲームのカードで組まれました。
帰ってからテレビを見たときはいきなり0−2になっていて、黒田様が好投してるのに打者陣は何しとるんじゃ、ぼけ!と言う感じでしたが、能美&球児の炎上&審判のアシストで追いついて(緒方はナイスタイムリー!)、さあ逆転だ、サヨナラだと思ったのですがねえ。得点力不足ですねえ。開幕からチャンスでよく梵に回ってきますが、やるべきことをやらないとねえ。
投手陣は、黒田→ベイル師匠→横山→建→永川と豪華な劇場リレーをしました(笑)。
特に、ベイルの劇場を見て今年も野球が始まったなと実感しました(笑)。
負けなくて良かったけど、岡山のカープファンに久々のこのカードでの勝利を見せて欲しかったな、と言う気がしました。

観客動員数は16,172人でした。平日なのによく入ったな。
内野2階席はTVで映った所は空席で一杯、一塁側1階内野指定は空席だらけ。3塁側はそこそこ入っていたか。
後は、ライトスタンドにも空席が・・・。レフトスタンドは一杯だったでしょうね。平日だから仕方ないのかな。
(それでも、最寄の中庄駅のホームは混むのでしょうが)

それにしても、新井はタイムリーさえ打ちきらんのか!!
posted by サンフレたくや&岡山蹴球応援家 at 22:20| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。